後遺症の損害賠償

Q.私は交通事故で怪我をし、通院していましたが、これ以上は治らないと医者に言われ、後遺症は14級と認定されました。私は主婦ですが、後遺症についてはどのような賠償請求ができますか。

A.この場合に賠償請求できる項目は、後遺症慰謝料と逸失利益の2種類あります。

後遺症慰謝料とは

 1つは後遺症慰謝料です。
 後遺症慰謝料とは、後遺症が残ったことによる精神的苦痛に対する賠償です。治療中に生じる精神的苦痛に対しても賠償請求できますが(傷害慰謝料)、これとは別に後遺症についても請求することができます。
 金額は、後遺症の等級(1級から14級)により異なり、裁判基準(弁護士会と裁判所が協議して作成した基準)では、14級の場合110万円です。

逸失利益とは

 もう1つは逸失利益です。
 逸失利益とは、後遺症によって労働能力が低下して事故前より収入が減る場合、その将来の減収分を請求するものです。

 専業主婦の場合、収入がないから逸失利益はゼロと考えるのは誤りです。家事労働を金銭的に評価し、相当額の逸失利益を認めます。その評価は、全国女子労働者の平均賃金と同額として算出することが多いです。

 なお、専業主婦であっても、休業損害は認められます。専業主婦の休業損害についてはこちらをご覧ください。


弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害