主婦の休業損害

Q.私は専業主婦をしています。先日、交通事故に遭い入院しました。
退院後も、怪我の調子が思わしくなく、この間、家事が十分にできず家族に負担をかけてしまっています。交通事故の被害に遭った場合、加害者に対して、休業損害の損害賠償請求ができると聞きましたが、私のような専業主婦でも休業損害を請求することは可能でしょうか?
可能だとした場合、家事ができなかったことについての損害金額はどのように算定されるのでしょうか?

A.専業主婦であっても、休業損害は認められます。交通事故事件の実務では、「家事労働も財産上の利益を生じさせるもの」と考えられております。

 家事労働に専念する主婦であっても、交通事故による怪我のために家事労働ができなかったときは、平均的労働不能年齢に達するまで休業損害を請求することができます。
 その損害金額については、女性労働者の平均賃金(学歴等から計算される全年齢の平均賃金または年齢別平均賃金)を基準に基礎収入額を算定したうえで、休業日数に応じて損害金額が算定されるのが一般的です。


弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害