治療費の支払い

Q.私は交通事故で怪我を負ってしまいましたが、治療費が払えるかわからず通院をしていません。加害者に治療費を払ってほしいと言いましたが、払ってくれそうにありません。しかも加害者は自賠責保険だけで、任意保険に加入していませんでした。どうしたらよいですか。

A.お仕事中や通勤途中の事故であれば労災保険を、それ以外の場合は健康保険を利用して病院に通って下さい。労災保険が使える場合には労災から治療費を支払ってもらえます。健康保険を使用する場合、治療費の自己負担額は、加害者が加入している自賠責保険会社から支払ってもらうことができます。

1 労災が使用できる場合

 お仕事中や通勤途中に事故に遭ってしまい、労災保険が使用できる場合には、会社に相談して労災の手続をとってもらいましょう。労災から治療費を支払ってもらうことができれば、自己負担なく通院をすることができます。

2 労災が使用できない場合

 労災が使用できない場合には、健康保険が使用できるかを検討することになります。健康保険を使用する場合、自己負担分がありますが、病院によっては、この自己負担分を加害者が加入している自賠責保険会社から直接病院に支払う形で了承してくれることがあります。この方法を使えば、手持ちにお金がなくても治療を行うことができます。

3 労災も健康保険も使用できない場合

 稀に、労災も健康保険も利用できない場合があります。この場合は、ご自身で入られている自動車保険に、人身傷害保険が付保されていないか確認してみてください。この人身傷害保険に入られている場合には、この保険を使用して治療費を賄うことができます。

4 もし通院しなかったら

 事故後に相手方が任意保険に入っていなかったり、入っていても任意保険を使用してくれなかったりすると、病院に通って良いのかわからないと考える人もいるようです。しかし、そのような場合に、怪我をしているのにもかかわらず病院にいかないと、後々病院に行っても、「それが事故によるものではない」という主張をされてしまうことがよくあります。

 交通事故に遭って怪我をしたら痛みを我慢せず、上記の保険を利用して通院することをお勧めします。

 

Q.私は交通事故で大怪我をして通院中ですが、治療費が払えません。どうしたらよいですか。

A.この場合、自賠責保険金を請求します。加害者を相手に裁判を起こす方法もありますが、裁判は長期間かかる上、勝訴しても加害者に資力がなければ、お金はとれません。

 自賠責保険金の請求には、加害者の同意は不要で、(1)仮渡金請求、(2)内払金請求、(3)本請求の3つの方法があります。
 (1)仮渡金請求は、当座の費用が必要な場合に有効で、請求から1週間程度で迅速に支払がなされます。金額は傷害の程度で異なります(5万円から40万円)。
 もっとも、仮の支払いなので、最終的な損害額がこれより少なければ返金の必要があります。
 (2)内払金請求は治療費等をその都度請求する方法、(3)本請求は治療が終了した段階で請求する方法です。これらは請求から支払まで1か月程度かかります。なお、受領済の仮渡金は差し引かれます。

 その他、交通事故でも健康保険が使え、通勤中の事故等であれば労災保険も使用できます。


弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害