過失割合はどのように決まるのですか

Q.先日、交通事故を起こしてしまいました。自分には過失がないと考えていますが、過失割合はどのように決まるのでしょうか。
 また、「動いている車同士の事故では過失割合はゼロにならない」とよく聞きますが、本当でしょうか。

A.過失割合は、一定の基準をもとに、基本となる値を決めたうえで、これに過失割合を増減させる修正要素を考慮して、最終的な値を決めることが一般的です。場合によっては、過失割合が100:0となる場合があります。

 交通事故の過失割合を判断する基準として用いられているのが、「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」(別冊判例タイムズ38号)という書籍です。 同書は、過去の多数の裁判例をもとに、交通事故のケース(双方の車両類型・衝突の態様・道路状況等)に応じて、基本となる過失割合が類型化されています。

 実務では、まず同書をもとに基本となる過失割合を決めます。そして、飲酒運転や速度オーバー、ウインカー合図なし、徐行なし等の交通違反がある場合には、5~20%程度過失割合を増減させる修正要素を考慮して、最終的な過失割合を決めることが一般的です。

 同書によれば、赤信号無視やセンターラインオーバーによる事故の場合、基本となる過失割合が100:0となる場合があり、動いている自動車同士の事故であっても、当方の過失割合がゼロになることはありえます。


弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害