新着情報一覧

軽症でも弁護士に依頼すべきか?

交通事故に遭って怪我をした場合に、それが軽症であったとしても、加害者側の損害保険会社(加害者側損保)との交渉を弁護士に依頼すべきでしょうか? 弁護士がついていないと、適正な賠償金額を得られない  例えばAさんとBさんがそれぞれ交通事故に遭って、Aさんには弁護士が付いていて、Bさんには弁護士が付いていなかったとしましょう。AさんとBさんの怪我の程度、通院期間、後遺障害の程度、年齢、年収、過失割合
続きを読む >>

交通事故弁護士の選び方(物損編)

 「交通事故 弁護士」とインターネットで検索すると多数の法律事務所のホームページがヒットします。たくさんある法律事務所の中から、どこを選べばよいのか迷うのではないでしょうか。  交通事故にまつわる問題をうまく解決するにあたって弁護士選びはとても重要なことです。弁護士は、法律の専門家ではありますが、必ずしも交通事故の専門家というわけではありません。  では、交通事故に遭ってしまった場合、どのよう
続きを読む >>

交通事故の慰謝料とはどのようなものですか?

交通事故の慰謝料(精神的苦痛に対する損害賠償金)には、次の3つがあります。 [su_note] (1)入院・通院慰謝料 (2)後遺障害慰謝料 (3)死亡慰謝料 [/su_note] 入院・通院慰謝料とは  入院したり通院したりすることは、それ自体に精神的な苦痛を伴います。  そこで、交通事故の被害者は、治療費とは別に、入院・通院に伴う精神的な苦痛を賠償してもらうことも
続きを読む >>

交通事故で弁護士に依頼するタイミング

 当弁護士事務所に、ときどきお電話で「交通事故に遭ったらすぐに弁護士に依頼した方がいいのでしょうか。」というご質問をいただくことがあります。被害者が遭われた交通事故について弁護士に依頼をすると、相手方本人や相手方の保険会社との交渉を弁護士が代わりに行うことになります。  結論から申し上げますと、被害者の方がすぐに弁護士に依頼した方がよいのか否かは、ケースバイケースといわざるを得ません。  弁護
続きを読む >>

弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害