鼻の後遺障害

鼻の後遺障害の症状

 交通事故によって、鼻に傷害を負い、後遺障害が残る場合があります。鼻の後遺障害としては、鼻を欠損してしまうことや、嗅覚機能を全く失ってしまったり、失わないまでも機能が損なわれてしまった場合があげられます。

鼻の後遺障害の認定基準

 鼻の後遺障害の認定基準は以下のとおりです。

①嗅覚の脱失

等級

認定基準

12 級相当

嗅覚を脱失または鼻呼吸困難が存ずるもの、(嗅覚の脱失とは、T&Tオルファクトメーターによる基準嗅力検査で認知域値の平均嗅力損失値が5.6以上)

14 級相当

嗅覚の減退するもの、(嗅覚の減退とは、T&Tオルファクトメーターによる基準嗅力検査で認知域値の平均嗅力損失値が2.6以上5.5以下)

 

②欠損障害

等級

認定基準

9級5号

鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの

 

鼻の後遺障害の留意点

 鼻の後遺障害においても、鼻の外傷が原因となる場合以外に、交通事故による頭部外傷によって、嗅覚をつかさどる神経に傷害を受け、鼻の嗅覚という機能が損なわれてしまったという場合があります。

 そのため、鼻の後遺障害においても、正確な診断のためには、耳鼻科のみならず神経内科や脳神経外科で診察を受けることが大切です。

交通事故による鼻の後遺障害のご相談や、鼻の後遺障害認定や慰謝料に納得がいかない場合など、横浜の弁護士による交通事故相談なら、実績豊富な上大岡法律事務所にお任せください。


弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害