足の後遺障害

足(股関節・太もも・膝・下腿・足首)の後遺障害の症状

 交通事故による傷害、骨折、脱臼、神経損傷などによって、下肢(股から足まで)に後遺障害が残ることがあります。

 下肢の後遺障害の主な症状は、下肢の一部を失う、関節の動きが悪くなる、骨折した部分が固まらない・曲がったまま固まってしまう、足の長さが短くなるなどです。

下肢の後遺障害の認定基準

 下肢の後遺障害の認定基準は次のとおりです。

①下肢の欠損障害

等級

認定基準

1級5号

両方の下肢をひざ関節以上で失ったもの

2級4号

両方の下肢を足関節(足首の関節)以上で失ったもの

4級5号

片方の下肢をひざ関節以上で失ったもの

4級7号

両方の足をリスフラン関節(足の甲の中心付近にある関節)以上で失ったもの

5級5号

片方の下肢を足関節(足首の関節)以上で失ったもの

7級8号

片方の足をリスフラン関節(足の甲の中心付近にある関節)以上で失ったもの

 

②機能障害

等級

認定基準

1級6号

両方の下肢の機能を全て失ったもの

5級7号

片方の下肢の機能を全て失ったもの

6級7号

片方の下肢の3大関節中の2関節の機能を失ったもの

8級7号

片方の下肢の3大関節中の1関節の機能を失ったもの

10級10号

片方の下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

12級7号

片方の下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

※3大関節とは、股関節、ひざ関節、足関節(足首の関節)の3つの関節をいいます。

③変形障害

等級

認定基準

7級10号

片方の下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

8級9号

片方の下肢に偽関節を残すもの

12級8号

長管骨に変形を残すもの

※偽関節とは、骨折部の骨癒合プロセスが完全に停止したもののことをいいます。つまり、骨が折れたまま繋がっていない状態のことです。

※長管骨とは、手足を構成する細長い形状の比較的大きな骨全般のことをいいます。

④短縮障害

等級

認定基準

8級5号

片方の下肢を5㎝以上短縮したもの

8級相当

片方の下肢が5㎝以上長くなったもの

10級8号

片方の下肢を3㎝以上短縮したもの

10級相当

片方の下肢が3㎝以上長くなったもの

13級8号

片方の下肢を1㎝以上短縮したもの

13級相当

片方の下肢が1㎝以上長くなったもの

 

下肢の後遺障害の留意点

 下肢の後遺障害認定においても、上肢の場合と同様に、最も気をつけなければならないのは、関節の可動域の測定です。
 可動域の測定とは、どこまで動かせることができるかの範囲を測ることをいいますが、可動域によって、後遺障害が認定されるかどうかや、等級が大きく変わってしまいます。

 後遺障害等級の認定は、他動値(医師が手を添えて曲げる)で判断されます。しかし、医師の力の入れ具合によっては、可動域の測定結果が変わってきます。

 このように可動域の測定は、測り方によって大きく変わるため、可動域の測定に慣れていない医師や、力の入れ方が乱暴な医師が行うと、適正な値からずれた結果が出てしまうことがあります。

足指の後遺障害の症状

 交通事故によって足の指に負った外傷が、後遺障害となってしまう場合もあります。

 足指の後遺障害の症状としては、足指の欠損、足指の機能障害などあります。

足指の欠損障害の認定基準

 足指の後遺障害の認定基準は次のとおりです。

①欠損障害

等級

認定基準

5級8号

両足の足指の全部を失ったもの

8級10号

片方の足の足指の全部を失ったもの

9級14号

片方の足の第1の足指(足の親指)を含む2本以上の足指を失ったもの

10級9号

片方の足の第1の足指(足の親指)又は他の4本の足指を失ったもの

12級11号

片方の足の第2の足指(足の人差し指)を失ったもの、第2の足指を含む2本の足指を失ったもの又は第3の足指(足の中指)以下の3本の足指を失ったもの

13級9号

片方の足の第3の足指(足の中指)以下の1本又は2本の足指を失ったもの

 

②機能障害

等級

認定基準

7級11号

両足の足指の全部の機能を失ったもの

9級15号

片方の足の足指の全部の機能を失ったもの

11級9号

片方の足の第1の足指(足の親指)を含む2本以上の足指の機能を失ったもの

12級12号

片方の足の第1の足指(足の親指)又は他の4本の足指の機能を失ったもの

13級10号

片方の足の第2の足指(足の人差し指)の機能を失ったもの、第2の足指を含む2本の足指の機能を失ったもの又は第3の足指(足の中指)以下の3本の足指の機能を失ったもの

14級8号

片方の足の第3の足指(足の中指)以下の1本又は2本の足指の機能を失ったもの

 

足指の後遺障害の留意点

 足指の後遺障害等級認定においても、可動域の測定が重要となります。
 可動域の測定とは、動かせることができる範囲を測ることをいい、可動域の大小によって、後遺障害が認定されるか、あるいは認定されてもその等級が大きく変わってきます。

 このように、後遺障害等級認定においては、可動域の測定が非常に重要な意味を持つのに、可動域の測定は、測り方によって大きく変わりうるため、慣れていない医師が行うと、大きく間違えた値が出てしまうことがあります。

 適正な等級認定を獲得するためには、早めの対策が大切です。弁護士にご相談いただければ、測定を受ける際の注意点などもアドバイスいたします。

 交通事故による足の後遺障害のご相談や、足の後遺障害認定や慰謝料に納得がいかない場合など、横浜の弁護士による交通事故相談なら、実績豊富な上大岡法律事務所にお任せください。


弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害