むちうちで当初保険会社の提示額から440万円増額された事例

依頼者 30代女性 横浜市在住(被害者)

1.<事故発生時の状況>

 車対車の右直事故。被害者は頚椎捻挫(むちうち)の傷害を負った。

2.<相談・依頼までの流れ>

 後遺障害等級は12級。保険会社から160万円の提示があったが、納得ができないとのことで、当弁護士事務所に依頼された。

3.<当事務所の活動>

 裁判基準にて保険会社と交渉。途中、加害者側にも弁護士が就いて、交渉を継続した結果、600万円で示談した。

4.<当事務所が関与した結果>

 当初保険会社の提示額から、大幅に賠償額をアップさせた。

5.<解決のポイント(所感)>

頚椎捻挫(むちうち)は、場合によっては痛みが緩和されず、社会復帰までに時間がかかる場合もある。長期間にわたって整体や病院に通うこともあるため、治療に思ったより費用がかかることも。
弁護士への早めの相談と、弁護士による粘り強い交渉が、賠償額の増額につながった。

解決事例の最新記事

弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害