頭部負傷による難聴で保険会社の提示額から600万円増額された事例

依頼者 30代女性 横浜市在住(被害者)

1.<事故発生時の状況>

 自転車対歩行者の事故。自転車に後方から追突された。被害者は、追突事故で頭部を負傷し、難聴に。

2.<相談・依頼までの流れ>

 後遺障害等級は12級。保険会社から180万円の提示があったが、適切な金額かどうか分からないとのことで、依頼された。

3.<当事務所の活動>

 裁判基準にて保険会社と交渉。途中加害者に弁護士が就き交渉を継続した結果、800万円で示談した。慰謝料については、裁判基準の満額ではなく、8割程度の金額で合意している。訴訟を提起すれば、満額の回収が可能であったが、早期解決を望んだ被害者の意思を尊重した。

4.<当事務所が関与した結果>

 当初保険会社の提示額から、大幅に賠償額をアップさせた。

5.<解決のポイント(所感)>

 後方からの追突事故は、突然のことで受け身が取れず、大きな怪我につながることが多い。自分で解決しようとせず、早めに専門家である弁護士に相談した結果、慰謝料を大幅に増額することができた。

解決事例の最新記事

弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害