異議申立で後遺症非該当から14級を獲得し賠償額が240万円増額

依頼者 40代男性 横浜市在住(被害者)

1.<事故発生時の状況>

 車対車の事故。加害車両の前部が停止していた被害車両の後部に衝突。被害者は腰部を負傷した。

2.<相談・依頼までの流れ>

 保険会社の提案に納得ができない、また、後遺障害は非該当と認定されたが、これも納得できないとのことで、当弁護士事務所に相談・依頼された。

3.<当事務所の活動>

 弁護士が、後遺障害等級を獲得すべく、異議申立を行い、その結果、非該当から14級に変更された。
 

4.<当事務所が関与した結果>

 後遺障害等級を獲得した結果、後遺障害にかかる損害賠償が可能となり、後遺障害慰謝料、逸失利益が加算され、賠償額が240万円増額された。
 

5.<解決のポイント(所感)>

 弁護士による異議申立が奏功し、後遺障害等級について14級と認定されたことが、本事件解決の最大のポイント。

解決事例の最新記事

弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害