人身事故に遭った場合に行うこと

今回は、人身事故に遭ってしまった場合について、まず何をすべきなのか。そして、弁護士に依頼すべきかどうか、弁護士に相談や依頼をするタイミングについて検討してみることにします。

 結論から言えば、人身事故に遭った場合はできる限り早期に弁護士に相談をした方がよいでしょう。 

 交通事故によってケガを負ってしまった場合、まず優先して行われるべきことはしっかりとした治療を行うことです。これは、事故の加害者が任意保険に加入しているか否かにかかわらず重要なことです。たとえ自分の過失の方が大きいことが見込まれる場合であっても、あなたが損害を被った被害者であれば、自動車保険の弁護士費用特約が利用できることがほとんどです。

加害者が任意保険に加入していなかった場合

 加害者が任意保険に加入していなかった場合は、さしあたり健康保険や労災保険といった公的保険を利用しつつ、自賠責保険や政府保証事業といった制度の利用を踏まえて治療を行っていく体制を整えていかなければなりません。

 突然交通事故に見舞われた方が、複雑な保険システムを理解して適切な方法をとることはとても大変なことです。

 「弁護士費用が気になる」という方もいらっしゃると思いますが、当事務所のように初回の交通事故相談が無料という法律事務所もありますので、できる限り早期の相談をお勧めします。

加害者が任意保険に加入していた場合

 一方で、加害者が任意保険に加入していた場合には、一旦は加害者が加入する保険会社が一定期間治療費を負担してくれます。これを「一括対応」と言うのですが、治療体制をすべて保険会社任せにしてしまうと、後々保険会社から受け取れる損害賠償額が大きく減ってしまうことがあります。

 特に当事者双方に過失があるような事故態様の場合には注意が必要です。

 このような治療の問題に限らず、人身事故が発生した後は、早い段階で適切な対応が求められることが多くあります。 このような意味で、人身事故に遭われた場合にはなるべく早い段階でご相談に来ていただくことをお勧めします。

弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害