遷延性意識障害(植物状態)

遷延性意識障害の症状

 「遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい)」とは、一般的には植物状態と呼ばれている症状です。脳の中でも、下部脳幹がつかさどる呼吸・循環などの生命維持に必要な機能の障害は免れたものの、その他の部位の広範囲にわたる不可逆的な損傷により、その結果、以下の定義に当てはまる場合を遷延性意識障害・植物状態と呼んでいます。

 日本脳神経外科学会の定義(下記の6つの条件に当てはまる状態が治療にもかかわらず3か月以上続いた場合、遷延性意識障害とされる)

①自力移動不可能

②たとえ声を出しても、意味のある発語は不可能

③目を開け、手を握れ、等の簡単な命令には辛うじて応じることもできるが、ほとんど意思疎通は不可能

④眼球で辛うじて物を追うことがあっても、それを認識することをできない

⑤自力摂食不可能

⑥糞尿失禁状態

遷延性意識障害の後遺障害等級

 症状が固定した段階で、上記の定義に該当すれば、通常、後遺障害等級1級(労働能力喪失率100%)と認定されます。

遷延性意識障害の留意点

 遷延性意識障害の場合、介護費用が補償の際に問題となることが多いです。
 保険会社が提示する介護費用は、実際の家族の負担などが織り込まれていない場合があります。

 また、本来あってはならないことですが、「植物状態なのだから」と不当に低い賠償額を提示してくることもあります。早期に適正な後遺障害等級の認定を受け、適正な額の損害賠償を受けるためにも、できるだけ早い段階で弁護士にご相談ください。


弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害