後遺障害等級10級、2000万円を超える賠償金を獲得した事例

1.<事故発生時の状況>

 歩行者対車の事故。加害車両が赤信号無視。青色信号に従い横断歩道を渡っていた被害者をはねた。被害者は頭部、顎、腰部、上肢、下肢等広範囲にわたり大怪我。

2.<相談・依頼までの流れ>

 被害者は入院中であり、しかも生命の危険があったにもかかわらず、保険会社の担当者が横柄な態度で被害者、被害者家族に接した。被害者家族から相談を受け、入院中に依頼を受ける。

3.<当事務所の活動>

 被害者が入院、通院中においては、治療関係費や休業損害の請求をして、相応の賠償金を得た。被害者が経済的に困窮していたことから、症状固定後、被害者請求により、後遺障害等級の認定を申請した。

 後遺障害等級は11級が予想されたが、10級と認定された。これにより自賠責から被害者に賠償金が送金され、一部被害回復を図ることができた。その後は、加害者側に弁護士がついたので、弁護士との交渉となり、裁判基準をもとに、示談が成立し、2000万円を超える賠償金を獲得した。

4.<当事務所が関与した結果>

 弁護士が代理人となることで、保険会社とやりとりする必要がなくなり二次被害が解消でき、被害者は治療、リハビリに専念することが可能になったと思う。また、早い段階でご依頼いただいたことで、適切な後遺障害等級を獲得でき、早期にまた正当な賠償金を得ることができた。

5.<解決のポイント(所感)>

事故直後、治療中から弁護士が関与できたことが早期解決のポイントだと思う。

解決事例の最新記事

弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害