当事務所で実際に解決した事例をご紹介いたします。
事例をご紹介することにより、トラブルの防止や解決のお役に立つことができれば幸いです。
なお、プライバシーに配慮し、依頼者の方の属性(年齢、家族構成等)を、実際の事案から一部修正してあります。

詳細な事実の積み上げにより、裁判基準よりも高い金額を示談で獲得した事例

依頼者 30代男性 横須賀市在住(被害者) 1.<事故発生時の状況>  自転車で走行中、車と接触し、左肩捻挫を負った。 2.<当事務所が関与した結果> 依頼された時点でまだ治療中だったため、治療についての注意点をアドバイスした。後遺症の認定は14級9号であった。認定後に本格的な交渉を開始した。 まず、過失割合については、相手方損保が主張している割合は、事故の態様ごとに裁判で類型化されてい
続きを読む >>

詳細な事情聴取と調査により裁判基準よりも高い示談金を獲得

依頼者 30代男性 横浜市在住(被害者) <事故発生時の状況> 30代の会社員の男性が、自転車で走行中、車と接触し、左肩捻挫を負った。<当事務所が関与した結果> 依頼された時点でまだ治療中だったため、治療についての注意点をアドバイスした。後遺症の認定は14級9号であった。認定後に本格的な交渉を開始した。 まず、過失割合については、相手方損保が主張している割合は、事故の態様ごとに裁判で類型化されて
続きを読む >>

弁護士による交通事故相談のご予約はお電話もしくはメールフォームで(横浜市港南区)

交通事故問題の解決事例集

部位別の後遺障害